反社会勢力・犯罪調査

対象企業が反社会的組織とつながりの有無を、独自の3つの段階(ステップ)で反社会的勢力・犯罪に特化した調査を行います。

1)Anti-Social Forces(=ASF)データベースでの調査
このステップでは、J-Screen(以下JS)が独自に収集した日本国内における反社会的勢力・企業犯罪・総会屋・右翼・過激派・
新興宗教団体に関するデータベースを用いて、関連する個人・団体の情報を調査します。

ASFデータべースとは・・・
① 全国紙・地方紙に含まれる反社会的組織(関連団体)や犯罪の情報
② 業界紙・機関紙・情報紙・スポーツ紙・各種雑誌の記事の反社会的組織に関連した記事
③ 東京地方裁判所の刑事事件の被告情報
④ 反社会的組織に関する情報や対策を提供する広報誌からの情報
⑤ インターネット上のフロント企業に関する情報
⑥ 右翼情報(政治資金収支報告書や書籍等で収集した個人・団体の詳細)
⑦ 公的機関からの2,500件を超える宗教法人の団体・個人・幹部の情報
⑧ その他、JSが独自に収集した情報

2)Press Search(マスコミ記事調査)
このステップでは、日本最大規模の新聞・雑誌の検索データベースを使い、
過去25年・150紙を超える記事を総合的に調査します。

3)Reputation Screening(風評調査)
このステップでは、1)2)のステップで網羅されない、その他多様な情報を調査します。
専門機関から収集した500万件を超えるマイナー誌の情報、インターネット掲示板、口コミサイトや個人ブログに至るまで、
多様な情報を調査することで、業界内外の評判・風評を把握することができます。

調査内容:
・対象と反社会的勢力が関連した不祥事、犯罪・訴訟歴の有無
・上記以外の(対象単独・主導による)犯罪がらみの不祥事・訴訟歴の有無

主な提供先実績:
国際的金融業界、コンサルティング業界、IT業界、保険業界、建設業界